【ハーレー乗り方】スタート時の足の運び方を学ぶ

harley-tandem3

ネックになるポイントは、ローギアに入れる時です。このローギアにシフト操作する際は、軸足の左でバイクを支えていますが、そこから反対の右足に足つきを替えないと出来ません。この瞬間が厄介で、パッセンジャーの体重が加わることで車体のバランスが崩れて、いつものように左足を着いたまま右足を伸ばして切り替えようとすれば、当然ふらつく危険は増します。

 

肝心な点は、焦らず、確実な足さばきで不安定な状態を極力作らないようにすることです。そしてその時、クイックな動きが出来ず、スローになったとしても大丈夫。

 

慣れるまでは、左足を地面に着いてスタート

通常時は、左から右足に足つきをチェンジするときに、右足をグイッと伸ばして両足で車体を支える瞬間があった後に切り替えていると思います。しかし、パッセンジャーを乗せた場合は、この動きの時は当然車体が支えにくく不安定。そこで、腰を左から右へ素早く回すようにシフトさせるのです。一瞬、両足がフリーになって宙に浮く瞬間があるため恐怖感があるかもしれません。しかし、実際のところ、この動作の方が安心感があることが分かるはずです。そして、この動作をスムーズに行う条件が先の、「ライダーの腰に密着しない」ことになります。

 

次に、スタートです。この発進時ですが、慣れるまでは軸足の左足を地面に着いた状態からスタートするようにします。これは軸足の左でないと、走り出した瞬間はどうしてもフラつきがちになってしまい、バランスを取るまでに時間を要してしまうからです。そのため再度、腰を左へ回すように移行させて、足つきを左にチェンジ。要領を得るまでは、必ず安心できる左軸で発進するようにしましょう。

 

【ハーレー】他のポイントも合わせてご覧ください

 【ハーレー】トップ


初心者必見のポイント
 【ハーレー乗り方】停車時の取り扱い
 【ハーレー乗り方】スムーズな発進をマスターする
 【ハーレー乗り方】低速時でも安定した走りを会得する
 【ハーレー乗り方】美しく、確実に停まるテクニック
 【ハーレー乗り方】苦手意識の強いUターンを極める
 【ハーレー乗り方】リキまずにリラックスしたライディングを実践
 【ハーレー乗り方】コーナーリングを意のままに操る
 【ハーレー乗り方】未舗装路やダート走行でのコツを押さえる


タンデムライド
 【ハーレー乗り方】二人乗りの初歩を学ぶ
 【ハーレー乗り方】タンデム者の乗り方ガイド
 【ハーレー乗り方】スタート時の足の運び方を学ぶ
 【ハーレー乗り方】発進直後は瞬時に両足をステップへ
 【ハーレー乗り方】二人乗りでのブレーキング法
 【ハーレー乗り方】停車前の足の着き方
 【ハーレー乗り方】シフトアップはアクセル&クラッチワークがキモ
 【ハーレー乗り方】シフトダウンはエンジン回転を十分に落とす

 


 

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL