【ハーレー乗り方】発進直後は瞬時に両足をステップへ

harley-tandem4

スタート直後の動作もポイントです。半クラッチでバイクを始動させた後は、支えていた左足を瞬時にステップに置くようにします。この際、不安のあまり転倒しないように、しばらく足を出しっぱなしにする初心者ライダーを見かけますが、そうすると反射的にハンドルでバランスを取ろうとしてしまいます。結果、フロントに余計な力が入って不安定になり、走り出しのふらつきを生んでしまうのです。

 

そこで、教習所の一本橋で学んだことを復習してみます。極低速でもステップに両足を乗せてしっかりニーグリップすればバイクは安定していたことだと思います。そう、恐怖感から足を出してしまうと安定感を失い、また、その際ハンドルで体勢を整えようとしても、逆効果になってしまうのです。

 

では、何が重要か。それは「左足をいち早くステップに乗せること」です。そうすることで、発進直後から車体はバランスを保ち、後ろに乗ったタンデム者も安心したライドを楽しむことが出来ます。もしこれが左足でなく、慣れない右足を地面に着いた状態でスタートすれば、言うまでもなく、残念な結果になりかねません。

 

タンデムライドはパッセンジャーの協力が重要

何度も言いますがタンデムライドの場合、ふらつきを極力防ぐには、パッセンジャーの協力が必要。普通にしていれば、当然タンデム者はライダーの横からグイッと顔を出して前を見ると思いますが、そこはあらかじめ、発進時だけ顔を出さないようにお願いしておけばOK。スムーズなスタートが出来るはずでしょう。

 

一人ではなく、後部シートに人を乗せて走る場合は、今までとは勝手がまったく違ってきます。そこを肝に銘じた上で、要所要所のコツを押さえていけば、より豊かなバイクライフが送れるはずです。

 

【ハーレー】他のポイントも合わせてご覧ください

 【ハーレー】トップ


初心者必見のポイント
 【ハーレー乗り方】停車時の取り扱い
 【ハーレー乗り方】スムーズな発進をマスターする
 【ハーレー乗り方】低速時でも安定した走りを会得する
 【ハーレー乗り方】美しく、確実に停まるテクニック
 【ハーレー乗り方】苦手意識の強いUターンを極める
 【ハーレー乗り方】リキまずにリラックスしたライディングを実践
 【ハーレー乗り方】コーナーリングを意のままに操る
 【ハーレー乗り方】未舗装路やダート走行でのコツを押さえる


タンデムライド
 【ハーレー乗り方】二人乗りの初歩を学ぶ
 【ハーレー乗り方】タンデム者の乗り方ガイド
 【ハーレー乗り方】スタート時の足の運び方を学ぶ
 【ハーレー乗り方】発進直後は瞬時に両足をステップへ
 【ハーレー乗り方】二人乗りでのブレーキング法
 【ハーレー乗り方】停車前の足の着き方
 【ハーレー乗り方】シフトアップはアクセル&クラッチワークがキモ
 【ハーレー乗り方】シフトダウンはエンジン回転を十分に落とす

 


 

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL