【ハーレー乗り方】二人乗りの初歩を学ぶ

harley-tandem1

ハーレーの醍醐味のひとつにタンデムライド(二人乗り)が上げられます。威風堂々としたバイクの後ろに、一緒の時間を共有したい人を乗せてゆったりと走るその爽快感は格別です。ここではタンデムライドのポイントを余すことなく紹介していきます。

 

まず、パッセンジャーを後部シートにまたがらせる前に一番初めにチェックしておきたいのは、運転するライダーの体勢です。両足を地面にしっかりと着いて、パッセンジャーがまたがった際に前後に動かないよう、フロントブレーキを握っておきます。そして、サイドスタンドです。ツインカムモデル以降の最近のモデルであれば、ハーレーのサイドスタンドは車重で自動ロックする構造になっています。ですので、サイドスタンドを出したままタンデムさせるのは厳禁。もし、そのまま乗せてしまえばバイクを直立させるのが大変なだけではありません。タンデムする人の体重が加わりリアショックがその分沈むため、サイドスタンド反対の右側へそれなりに車体を傾けないと、路面にスタンドが引っ掛かってしまうために跳ね上げられなくなるのです。経験した人であれば分かると思いますが、このスタンドを出すために車体を傾ける動作はかなり恐いものです。

 

サイドスタンドを外してからタンデム者を迎える

言うまでもなく、パッセンジャーの体重が加わった状態で車体を傾けるという操作にはかなりの危険がつきまといます。よほど下半身の筋力に自信があるアスリートでもない限り、こうした不安定な所作はパッセンジャーに不安を抱かせるだけです。そのため、端的に一番ベストな方法を言えば、両足裏を地面に着けた状態でパッセンジャーにまたがってもらうことです。

 

この、まだ走ってもいないスタートの前段階で、スタンドも外せずにフラフラしているようではパッセンジャーの不安を煽るだけですから、パッセンジャーが乗る前にスタンドを外しておいて、両足をしっかりと地面に着けておきます。また、もし両足を着こうとしてつま先立ちになってしまうようでしたら、腰を左に移行させて、軸となる左足だけでも確実に地面に着けておけば大丈夫です。

 

【ハーレー】他のポイントも合わせてご覧ください

 【ハーレー】トップ


初心者必見のポイント
 【ハーレー乗り方】停車時の取り扱い
 【ハーレー乗り方】スムーズな発進をマスターする
 【ハーレー乗り方】低速時でも安定した走りを会得する
 【ハーレー乗り方】美しく、確実に停まるテクニック
 【ハーレー乗り方】苦手意識の強いUターンを極める
 【ハーレー乗り方】リキまずにリラックスしたライディングを実践
 【ハーレー乗り方】コーナーリングを意のままに操る
 【ハーレー乗り方】未舗装路やダート走行でのコツを押さえる


タンデムライド
 【ハーレー乗り方】二人乗りの初歩を学ぶ
 【ハーレー乗り方】タンデム者の乗り方ガイド
 【ハーレー乗り方】スタート時の足の運び方を学ぶ
 【ハーレー乗り方】発進直後は瞬時に両足をステップへ
 【ハーレー乗り方】二人乗りでのブレーキング法
 【ハーレー乗り方】停車前の足の着き方
 【ハーレー乗り方】シフトアップはアクセル&クラッチワークがキモ
 【ハーレー乗り方】シフトダウンはエンジン回転を十分に落とす

 


 

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL