【ハーレー乗り方】リキまずにリラックスしたライディングを実践

harley-relax

ハーレーを運転するに当たっては、慣れていないとすぐ目の前に視線を落としがち。でもここは徹底して、“アゴを引いて上目遣いで遠くを見る”クセを付けるようにします。アメリカンバイクを操作する上で、このフォームが一番車体を安定させ、両腕をリラックスさせることが出来ます。そしてその時、腕に力を入れるとヒジは外に張ってしまうもの。ですから、リキむことなくヒジは軽く曲げて内側に入れるイメージを持ちます。そして、位置に関しても下がった状態を保持。ハンドルを握る手は、グリップに対して手首が極力真っ直ぐになるようにして、小指と薬指でグリップのエンド部分を絞り込むようにホールドします。

 

ライディングフォームの下半身のポイント

では、安定感のキモとなる下半身のフォームについてです。まずはお尻の着座位置ですが、少し後ろへ、ハンドルを握ったときに腕が伸びきらない程度の場所に座ります。前側に座らないことで自分の体重が後方に掛かって、リアタイヤのグリップ力がアップ。結果的に加速時の安定感も向上するわけです。

 

お尻の位置を決めた後は、更に安定感を高めるテクニックとしてニーグリップがあります。ごく稀に、股を大きく広げて乗っている残念なライダーを見掛けますが、言うまでもなくそんなライディングスタイルは愚の骨頂。安定感が無いばかりでなく、何よりもカッコ悪いですよね。ですから、まずは誰が見てもカッコ良いと思うフォームを手に入れるためにも、両ヒザをガソリンタンクに当てて、軽く挟んでおきます。この時、力を入れて締め込む必要はありません。軽く挟むだけでバランスが取りやすくなるのです。お次は実際の操作を司るステップ回りですが、バイクに跨り、先に腰の位置を決めます。それから自分が一番自然な動きになるようなステップ位置に、両足をのせてみましょう。ちなみに、この順序をステップから腰位置決めと、逆にしてしまうと、足に余計な力をかけてしまい負担になりますのでご注意を。

 

【ハーレー】他のポイントも合わせてご覧ください

 【ハーレー】トップ


初心者必見のポイント
 【ハーレー乗り方】停車時の取り扱い
 【ハーレー乗り方】スムーズな発進をマスターする
 【ハーレー乗り方】低速時でも安定した走りを会得する
 【ハーレー乗り方】美しく、確実に停まるテクニック
 【ハーレー乗り方】苦手意識の強いUターンを極める
 【ハーレー乗り方】リキまずにリラックスしたライディングを実践
 【ハーレー乗り方】コーナーリングを意のままに操る
 【ハーレー乗り方】未舗装路やダート走行でのコツを押さえる


タンデムライド
 【ハーレー乗り方】二人乗りの初歩を学ぶ
 【ハーレー乗り方】タンデム者の乗り方ガイド
 【ハーレー乗り方】スタート時の足の運び方を学ぶ
 【ハーレー乗り方】発進直後は瞬時に両足をステップへ
 【ハーレー乗り方】二人乗りでのブレーキング法
 【ハーレー乗り方】停車前の足の着き方
 【ハーレー乗り方】シフトアップはアクセル&クラッチワークがキモ
 【ハーレー乗り方】シフトダウンはエンジン回転を十分に落とす

 


 

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL