【ハーレー乗り方】低速時でも安定した走りを会得する

harley-low-speed

バイクは不安定な乗り物です。スピードが出るほどに安定感は増しますが、低速時はそうもいきません。そこで、バランスが取れずにふらつきそうになった場合ですが、ここでハンドルに頼って立て直そうとすると、かえって左右にバランスを崩してしまいます。ですからハンドルを握る手のことはいったん頭から切り離して、ニーグリップした下半身に意識を集中させます。肩やヒジの力は抜いて、股下で車体バランスを取るようにするのです。

 

バイクのスピードが低速状態のときは、腰の力を一瞬抜いて前方へと滑らせます。シートの前に座る位置を移動させるわけです。しかしこの移動させる時に、ステップに乗せた足に体重をのせないこと。あくまでシート上で滑るように移動することが重要で、シートから腰を浮かせてしまうとバランスを崩しやすくなるのです。

 

クラッチとニーグリップを使いこなす

意のままにすり抜けが出来ないハーレーのような大型バイクで、渋滞にはまった時のケースを見てみます。極低速、10km前後の止まるか止まらないかの速度で走らなくてはいけない状況の時は、減速する際はフロントブレーキを使わずにリアブレーキだけを使うようにしましょう。これは、その方が安定感をキープ出来るためです。そして加速するときは最初の始動時のみ半クラッチでスタートして、すぐにクラッチを切って惰性で進行。必要に応じてまた半クラッチでスピードを与えて上げます。このようにクラッチワークを上手く使いこなせば極低速時でもバランスがとりやすくなります。

 

極低速時でのクラッチワークと同様に重要なポイントがニーグリップ。ハーレーでニーグリップと聞いても今ひとつピンとこないかもしれませんが、やはり他のバイクと同じように重要テクニックのひとつなのです。方法は簡単で、ガソリンタンクを挟み込む両ヒザに力を入れるだけ。速度が落ちてきたら、ヒザに力を入れてホールドしてあげれば車体は驚くほど安定します。これは知っているのと知らないのとでは、余りにも大きな差がありますから必ず頭に入れておきたいところ。また、ハンドルが左右どちらかにフラ~と切れ始めるようなときは、このニーグリップの出番です。ヒザを使って、車体を反対方向に傾けるようにすれば容易く軌道修正できます。

 

【ハーレー】他のポイントも合わせてご覧ください

 【ハーレー】トップ


初心者必見のポイント
 【ハーレー乗り方】停車時の取り扱い
 【ハーレー乗り方】スムーズな発進をマスターする
 【ハーレー乗り方】低速時でも安定した走りを会得する
 【ハーレー乗り方】美しく、確実に停まるテクニック
 【ハーレー乗り方】苦手意識の強いUターンを極める
 【ハーレー乗り方】リキまずにリラックスしたライディングを実践
 【ハーレー乗り方】コーナーリングを意のままに操る
 【ハーレー乗り方】未舗装路やダート走行でのコツを押さえる


タンデムライド
 【ハーレー乗り方】二人乗りの初歩を学ぶ
 【ハーレー乗り方】タンデム者の乗り方ガイド
 【ハーレー乗り方】スタート時の足の運び方を学ぶ
 【ハーレー乗り方】発進直後は瞬時に両足をステップへ
 【ハーレー乗り方】二人乗りでのブレーキング法
 【ハーレー乗り方】停車前の足の着き方
 【ハーレー乗り方】シフトアップはアクセル&クラッチワークがキモ
 【ハーレー乗り方】シフトダウンはエンジン回転を十分に落とす

 


 

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL