【ハーレー乗り方】苦手意識の強いUターンを極める

harley-u-turn

初心者はもちろん、ベテランライダーでも苦手意識の強いライテクがこのUターン。しかし各ポイントを押さえて、焦らず確実に操作すれば、そんな苦手意識はすぐになくなるはずです。まずUターンをする前準備として、ハンドルをUターンする方向へいっぱいに切って車体も気持ち傾けておきます。これは一旦走り出してからハンドルを目一杯切ろうとすると、かえって車体が起き上がってしまい、大きくふくらんでしまうからです。また操作時は、両腕に力を入れることなく常にリラックスした状態を保つようにしておくことです。

 

いきなり両足をステップに乗せてUターンをするのは難易度が高いもの。そこで初めのうちは右足を地面に着いて車体を支えて、左足だけステップに置いておきます。この時、右足が地面に着きにくかったら先のように腰を右にずらしましょう。そうすることで自然と車体が右に傾くようになるのです。そして右足を着いたまま、初めのうちは、発進、停止を繰り返しながら少しずつ曲がっていくようにします。アクセルは開けないで、半クラッチだけで操作するのがコツ。前進し出して、動き始めたらすぐにクラッチを切ってバイクを止めます。この動きを繰り返し行うのがベストです。またこの時、地面においた右足が腰よりも後ろの位置になると予想外の怪我を招く恐れもあるので、発進するたびに足を前に出すようにしましょう。

 

Uターン時の上半身の動きを学ぶ

Uターン時の、バイクがゆるやかに円を描き出す瞬間を見てみます。この時、誰もがすぐ目の前の路面を見てしまうと思いますが、それは絶対に避けたい動作なのです。それでは転倒の危険が増幅するので、このときは必ず意識的に、ターンした先を見るように。視線のみではなく、頭ごと動かしてイン側の遠くの景色を見るようにします。そうすることで、両肩も自然と進路方向の内側を向きますから、ターンに効果的なバイクを倒した姿勢がキープしやすいのです。

 

【ハーレー】他のポイントも合わせてご覧ください

 【ハーレー】トップ


初心者必見のポイント
 【ハーレー乗り方】停車時の取り扱い
 【ハーレー乗り方】スムーズな発進をマスターする
 【ハーレー乗り方】低速時でも安定した走りを会得する
 【ハーレー乗り方】美しく、確実に停まるテクニック
 【ハーレー乗り方】苦手意識の強いUターンを極める
 【ハーレー乗り方】リキまずにリラックスしたライディングを実践
 【ハーレー乗り方】コーナーリングを意のままに操る
 【ハーレー乗り方】未舗装路やダート走行でのコツを押さえる


タンデムライド
 【ハーレー乗り方】二人乗りの初歩を学ぶ
 【ハーレー乗り方】タンデム者の乗り方ガイド
 【ハーレー乗り方】スタート時の足の運び方を学ぶ
 【ハーレー乗り方】発進直後は瞬時に両足をステップへ
 【ハーレー乗り方】二人乗りでのブレーキング法
 【ハーレー乗り方】停車前の足の着き方
 【ハーレー乗り方】シフトアップはアクセル&クラッチワークがキモ
 【ハーレー乗り方】シフトダウンはエンジン回転を十分に落とす

 


 

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL