【ハーレー乗り方】コーナーリングを意のままに操る

harley-cornering

バイクで曲がる。至ってシンプルなことですが、ここにも、やはりハーレー特有のライテクがあります。まず、コーナーが迫ってきたらアクセルを戻してスピードダウン。この時、ブレーキで余裕を持って減速するようにします。ブレーキと合わせて一気にシフトダウンして、強いエンジンブレーキをかけるのは避けましょう。このシフトダウンは基本的にスピードダウンしてから、エンジン回転が確実に落ちてから行うものです。強引な操作は高価な愛車のミッションを傷つけることにもなりますのでご用心を。

 

そして、曲がるポイントが目前になったら、焦らずにリアブレーキをゆっくりかけていきます。このリアブレーキ箇所は、コーナーリングを曲がるキッカケ作りになります。国産リッターバイクではありませんから、そのまま、大げさにならない程度にイン側に体重をシフトしていきます。そしてその直後に、掛けていたリアブレーキを一気に放しましょう。するとバイクが即座に傾きますので、進行方向が変わり始めるのと同時に、素早いアクセルワークで加速していきます。

 

曲がり始めた際の操作手順

コーナーリングで曲がり出すまでは、外側のステップは前方へ蹴りだすように少し力を入れて、曲がり出すと同時に力を抜きます。内側のステップは逆に力を入れないようにしておきましょう。その時、ヒザを軽く締めてニーグリップを忘れずに。

 

腰の動きについて。曲がる時に、腰の内側へふわーっと、力を抜いて上半身の体重をのせます。そしてアクセルを開け始めると、加速Gにより後輪側に体重がシフトします。それに逆らわずに身をゆだねることで、前述のグリップ力が増して安定感が高まります。ポイントは、背中に力を入れずにお腹を引くこと。こうすることで、体重をお尻の頂点に集中させやすくなるのです。また、コーナーリング中に加速すると、リアタイヤのグリップ力とともに旋回力もアップするために、車体バランスが向上。アクセルワークに合わせて体重移動を効率的に行えば、よりスムーズなコーナーリングが実現します。

 

【ハーレー】他のポイントも合わせてご覧ください

 【ハーレー】トップ


初心者必見のポイント
 【ハーレー乗り方】停車時の取り扱い
 【ハーレー乗り方】スムーズな発進をマスターする
 【ハーレー乗り方】低速時でも安定した走りを会得する
 【ハーレー乗り方】美しく、確実に停まるテクニック
 【ハーレー乗り方】苦手意識の強いUターンを極める
 【ハーレー乗り方】リキまずにリラックスしたライディングを実践
 【ハーレー乗り方】コーナーリングを意のままに操る
 【ハーレー乗り方】未舗装路やダート走行でのコツを押さえる


タンデムライド
 【ハーレー乗り方】二人乗りの初歩を学ぶ
 【ハーレー乗り方】タンデム者の乗り方ガイド
 【ハーレー乗り方】スタート時の足の運び方を学ぶ
 【ハーレー乗り方】発進直後は瞬時に両足をステップへ
 【ハーレー乗り方】二人乗りでのブレーキング法
 【ハーレー乗り方】停車前の足の着き方
 【ハーレー乗り方】シフトアップはアクセル&クラッチワークがキモ
 【ハーレー乗り方】シフトダウンはエンジン回転を十分に落とす

 


 

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL