【ハーレー乗り方】未舗装路やダート走行でのコツを押さえる

harley-fickleness

よほどのことがなければ昨今の道路事情で運転に困る道路はないでしょう。しかし時には、田舎道やツーリング時などに未舗装路やダートを、どうしても通らなければいけない場合があります。そんな時に、フロントタイヤが小さな障害物を踏んでハンドルが左右に取られそうになっても、両手に力を入れて押さえ込んではいけません。ハンドリングは両手を添えた形でそのままにしておき、下半身でバイクの向きを操作するようにします。

 

また、そういう荒れた道を走る場合は、フロントタイヤのグリップがほぼ機能していないので、フロントブレーキをかければ瞬時にタイヤが取られて転倒の原因になります。ですから、スピードを落とす際はリアブレーキだけを使うようにして、決してロックさせないようにゆっくり入力するようにします。

 

不安定な道は下半身をうまく使う

バイクライディングのコツは下半身が握っているものです。それは国産リッターバイク、ハーレー関係なく、2つのタイヤで走るどのバイクにも当てはまることです。そして、こうしたシビアな動きが求められる不安定な路面では、特に下半身のコントロールがキーとなってきます。

 

基本フォームは、ヒザやくるぶしを車体に触れさせてしっかりバランスをとること。ハンドルが左右いずれかに切れ出したときには、ヒザに力を入れて、反対方向に軽く車体を傾けるイメージで軌道修正します。しかし、この時ステップにのせた足を踏ん張ってしまうと、シート上の加重が減ってよろつきが増します。シートに体重をのせた状態で、お尻だけを前方へクイックにスライドさせるコツをつかみましょう。

 

【ハーレー】他のポイントも合わせてご覧ください

 【ハーレー】トップ


初心者必見のポイント
 【ハーレー乗り方】停車時の取り扱い
 【ハーレー乗り方】スムーズな発進をマスターする
 【ハーレー乗り方】低速時でも安定した走りを会得する
 【ハーレー乗り方】美しく、確実に停まるテクニック
 【ハーレー乗り方】苦手意識の強いUターンを極める
 【ハーレー乗り方】リキまずにリラックスしたライディングを実践
 【ハーレー乗り方】コーナーリングを意のままに操る
 【ハーレー乗り方】未舗装路やダート走行でのコツを押さえる


タンデムライド
 【ハーレー乗り方】二人乗りの初歩を学ぶ
 【ハーレー乗り方】タンデム者の乗り方ガイド
 【ハーレー乗り方】スタート時の足の運び方を学ぶ
 【ハーレー乗り方】発進直後は瞬時に両足をステップへ
 【ハーレー乗り方】二人乗りでのブレーキング法
 【ハーレー乗り方】停車前の足の着き方
 【ハーレー乗り方】シフトアップはアクセル&クラッチワークがキモ
 【ハーレー乗り方】シフトダウンはエンジン回転を十分に落とす

 


 

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL