【ハーレー乗り方】停車前の足の着き方

harley-tandem6

タンデム時に注意したいのは、停まる寸前の動作です。まず、記憶を辿って欲しいのですが、ハーレーでなくともタンデムライドしているライダーが、信号手前で停まる時に一瞬ふらつく光景を目にしたことはあるでしょうか。あれは、今から教えるポイントを抑えていないが為なのです。そして、タンデムライドでの不安定なライディングほどカッコ悪いものはありませんので、その辺は確実にマスターしておきましょう。

 

信号待ちを始め、バイクを停める直前になれば、当然速度も落ちてきます。そこで、慣れていないライダーは「これではバイクがふらついて危ないのでは」、と誤解して、我慢出来ず早めに足をだしてしまうことがありますが、これが逆に危ないのです。

 

この、バイクが停まっていない状態で早い段階で地面をするように両足を出してしまうと、何かの障害物に当たった際はそのまま足が勢いよく後方へ弾かれて大惨事を招くことがあります。また、例えスピードが落ちてきてもバイクはまだ動いていますから、足を着いた位置は同じように後ろへ弾かれてしまい、足が変に曲がって車体が支えにくくなります。結果、最悪は停車した途端にそのまま耐え切れずに立ちゴケなんてこともザラにあるのです。

 

停車の直前はカカトを前方に突き出すように

ポイントは、「止まる寸前に軸足のみを出すこと」です。ハーレーは低速でも安定感のあるバイクですから、完全に止まってから足を着くのが理想ではありますが、やはりそれを会得するには練習が必要です。ですから、最初のうちは停まる寸前に、カカトを前方へ突き出すようにして足を着きます。軸足の位置が腰よりも前であれば、もし前に動いたとしても転倒の恐れはありません。

 

最後に、二つのやってはいけない動作をおさらいしておきます。一つ目は、前述の両足を出して停車に備えるフォーム。乗っている方は左右どっちに傾いても安心という思惑があるのでしょうが、その前に、この状態は車体バランスを崩すのでふらついてしまうのです。そして二つ目。まだ停まっていないのに地面に足を着くこと。後方への足の巻き込みや、変に曲がった足の状態ではハーレーを支えきれませんから、「止まる寸前に軸足のみを出す」フォームを徹底することです。

 

【ハーレー】他のポイントも合わせてご覧ください

 【ハーレー】トップ


初心者必見のポイント
 【ハーレー乗り方】停車時の取り扱い
 【ハーレー乗り方】スムーズな発進をマスターする
 【ハーレー乗り方】低速時でも安定した走りを会得する
 【ハーレー乗り方】美しく、確実に停まるテクニック
 【ハーレー乗り方】苦手意識の強いUターンを極める
 【ハーレー乗り方】リキまずにリラックスしたライディングを実践
 【ハーレー乗り方】コーナーリングを意のままに操る
 【ハーレー乗り方】未舗装路やダート走行でのコツを押さえる


タンデムライド
 【ハーレー乗り方】二人乗りの初歩を学ぶ
 【ハーレー乗り方】タンデム者の乗り方ガイド
 【ハーレー乗り方】スタート時の足の運び方を学ぶ
 【ハーレー乗り方】発進直後は瞬時に両足をステップへ
 【ハーレー乗り方】二人乗りでのブレーキング法
 【ハーレー乗り方】停車前の足の着き方
 【ハーレー乗り方】シフトアップはアクセル&クラッチワークがキモ
 【ハーレー乗り方】シフトダウンはエンジン回転を十分に落とす

 


 

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL